フィオール・ディ・マーゾとは

フィオル・ディ・マーゾとは、イタリアのヴェネト州に拠点を置くチーズメーカーCa Form(カ・フォルム)のブランドです。 カ・フォルムの歴史は古く、会社の前身は1880年代に遡ります。 “Fare del bene, producendo il buono” 良いものを作ることが、最善に繋がる というヴィジョンのもと、イタリア国内で熟練したチーズ造りを行っています。

品質へのこだわり

ヴェネト州とフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の間にある250軒の独占契約農家から、毎日約17万リットルの牛乳が運ばれてきます。工場内に設置されているヴェネト州公認の研究所では厳選な品質チェックが行われ、そのような厳しい規定をクリアしたチーズを自社倉庫で熟成しています。 製造管理に最新技術を使いながらも、昔から食べられているチーズの味を引き継ぐために、伝統への敬意を忘れてはいません。

「本物」の味を日本へ

2013年日本法人設立。社員わずか2名からスタートしました。星付きレストランでシェフを務めていた社長の経験や、そこから培った「本当に良い食材」を見極める眼識、食に対する情熱が日本市場でも受け入れられ、都内を中心にわずか数年で取引が全国へと拡大しました。 2020年9月には事業拡大のため、新体制となる事務所・自社倉庫を備えた新社屋へ移転。業務用に限らず、様々なお客様のニーズに応えられるよう、更なるサービスの品質向上を目指しています。

生産者から消費者へ

2020年4月東京都麻布十番に日本初の直営店となる店舗がオープン。それまでは卸売業のみを行ってきましたが、これを機に私たちの声を通して直にお客様へご提案ができるようになりました。 カ・フォルムの強みはなんと言ってもメーカー直販ならではのクオリティと価格のバランスです。生産から出荷、輸入までを自社で行うことにより、お求めやすい価格を保ちつつ高品質の商品を最短距離で提供することができるのです。